勤怠管理のシステム化とタイムレコーダーについて

タイムレコーダーを利用して打刻された情報を勤怠管理で利用していく事になりますが、勤怠管理では全ての従業員の管理を行う必要が在るため、タイムカードを利用する場合には遅刻や早退、有給休暇、残業時間の集計処理などの工数が従業員の人数分必要になります。
会社によっては他の業務の傍らで、タイムレコーダーで記録した情報をチェックすると言った集計処理が必要になるため、計画的に管理業務を行っていく事が求められます。



最近はタイムレコーダーの情報を電子データとして保存することが出来る勤怠管理システムが在ります。


タイムレコーダーはタイムカードを使って時間を記録しますが、タイムカードではなくICカードをかざすだけで時間の情報をコンピュータやハードウェアに保存することが出来るシステムが在り、このようなシステムを導入する事で勤怠管理の工数削減を行う事が出来ます。
どのような工数が無くなるのかと言うと、出社時と退社時の時間のチェック作業が要らなくなります。

9時出社の会社の場合では、9時までの時刻であれば定時出社となり、9時1分以降が遅刻となるため、タイムレコーダーで記録された時間をコンピュータがチェックを行い、遅刻かどうかのチェックを自動的に行う事が出来ます。

勤怠管理のクラウドの優良サイトならこちらで見つかります。

また、退社時刻の情報をコンピュータがチェックをするため、残業時間の集計処理が要らなくなると言うメリットが在ります。


このようにシステム化することで勤怠管理の工数を削減することが出来ると言う事です。

あなたの知らないマイナビニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。